はるちんのひとりごと。

自分の思いを自分の言葉で。楽しみも喜びも悩みも不安も悲しみもぜんぶひっくるめてこの生き方が、誰かの心を救えたらいいな。私の言葉が誰かの人生を照らせたら最高だなぁ。 "絶望だって、共有すれば希望になる"

私の生きたい道

20歳になりました。

 

"自分が生まれた日"というだけで

こんなにたくさんの人が祝ってくれるなんて、

ありがたいと思うと同時に、

なんだか申し訳ないような気もします。

 

 

だって私は、"生まれた"= be bornだけで

私自身はなんにもしてないわけだから。

 

 

"生まれた"って、受け身じゃないですか。

 

英語で書いても分かるように。

 

 

私はなんにもしてないのに

こんなに祝ってもらえることに

なんとなく不思議な気がします。

 

 

きっとそれだけ、「生きている」というだけで

奇跡みたいなことで、

 

 

七五三という文化が示すように

昔は今よりもずっと、"歳を重ねる"ということが

大変なことだったんだろうなと思います。

 

 

 

誕生日前日からいろんな人に祝ってもらい、

たくさんの言葉をもらいました。

 

本当にありがたいです。

 

 

私は世界で1番母親のことが大好きなので

母から貰った言葉とともに、今の私が思う、

これからの私が生きたい道を

今日はここに記したいなと思います。

 

 

『お誕生日おめでとう。法律では生まれた前日に歳をとるらしいからいよいよ二十歳だね みんなちっちゃかったのに末娘が成人だなんて!いつも言うけど春花は神様からの贈り物、うちに来てくれるなんて本当にサプライズだったよ

 

私達のもとに生まれてきてくれてありがとう。春花のおかげで我が家の幸せは爆発的に増えたよ。姉ちゃんと一緒に育ってきたけど大きくなるにつれて春花の世界が広がったね

 

中学、高校、そして大学入っても、辛い思いを沢山強いられどんなにかしんどかったでしょう。でも母さんに心配かけないよう歯を食いしばり努力と忍耐、人を裏切らないで頑張ってきたね 普段はほんわかムードだが、いろんな事を乗り越えてきた粘り強い芯がある事、人に対しどこまでも優しい事が春花の強みだと思う。春花の良さを生かして春花らしくやってね。学生生活も折り返し地点、残りの時間をしっかり楽しんで。相手ばかりを優先しないで自分を大事にして欲しい 春花が幸せでいてくれる事をいつも願ってるよ 二十歳になった特別な日、おめでとう🎉 』

 

 

実は誕生日周辺に色々あって、

あー今年はあんまいい誕生日にはならんかったなぁって凹んでたのですが

 

このメールを読んで、泣いてしまいました。

 

 

自分でもわかんないけど、

温かい言葉を貰うと、すぐ泣いてしまうんです。

 

 

たぶん、ホッとするのかな、

 

 

前回書いたブログと矛盾してるかもしれないけど

私は"人には、笑顔でいる自分を見ていてほしい"っていう思いがかなり根強く自分の中にあって

 

ネガティブなことに関して、なかなか本音を打ち明けることができません。

 

 

 

自分の弱さを見せるくらいなら

なんにも知られないほうがマシだって

心のどこかで思っているから。

 

 

 

だけどほんとは

小さなことで、すぐにぐちゃぐちゃな感情を抱いてしまう人間だし

寂しさとか悲しさを1人でどうにかするしかないことに、あーあってなる毎日です。

 

 

大好きな人も、頼れる人も、いっぱいいるんだけど

 

でも、正直人にどこまで曝け出していいのか分からなくて

 

 

自分の全てを曝け出してしまうと、愛想つかされる日が来るんじゃないかとか、捨てられる日が来るんじゃないかとか色々思ってしまって

 

結局自分でどうにかするしかない、っていう結論に至ってしまうんです。

 

 

 

 

誕生日の前日、ボラに行きました。

 

 

今年度最後のボラであり、

2年間担当した子に学習支援をするのは、

その日で最後でした。

 

その子は来年から高校生になるから。

 

 

 

 

私は2年間、その子が勉強で分からないことがあれば

できるだけ分かりやすく答えてきたつもりではあるけれど

 

 

その子に何か与えられたかと問われれば

正直頷くことはできなくて

 

 

最後の最後まで
納得のいくだけのことはできなかったなぁと
思っています。

 

 

1人を相手に、

中学生レベルの勉強を教えるだけのことなら、

先を生きた者であれば

誰にでもできることだと思うんです。

 

 

それに、ボラは、その子のためというよりかは、

自分のためにやってきたことだったから。

 

 

 

そんな私だけど、せめて最後は、何かその子に

かけてあげられたらな、と思う言葉を考えていました。

 

 

 

私は何が伝えられるだろうって考えた時、

やっぱりそれは、

自分が生きてきたから、経験してきたからこそ

伝えられることなんじゃないかな、と思いました。

 

 

 

伝えたいことは沢山あったけれど

私が1番伝えたかったことは、

ある1つのことでした。

 

 

それは、

 

どれだけ悲しくてやり切れんことがあっても
ちゃんと楽しいこととか幸せなことはあるけん
生きることを投げ出したりしちゃだめだよ、

 

ってことです。

 

 

助けてくれる人は、ぜったいおるけんね。

って、伝えました。

 

 

 

今だから言うけれど、私には、生きてる意味を見失ってしまうくらい、彷徨っていた時期がありました。

 

もちろんその過程で、今につながる素敵な出会いもたくさんあったんだけれど…

 

 

でも、大学入って、自分を受け入れてくれる人たちに出会って、自分自身も変わろうと色々努力して、しんどいこともそりゃ沢山あるけれど、でも私いま、生きてるのが楽しいんです。

 


自分が20歳になるなんて信じられないし、想像してた20歳と比べたらかなり子どもだし幼い人間だけど、でも、私いま、あの時の自分と比べたら、ちょっとだけ自分のことを好きになれている気がするんです。

 

 

自分の弱さ故に、言葉にできなかったこともいっぱいあって、今もそういう弱さを持ったまんまだけれど、それでも、今の自分があるのは、そういう時期を乗り越えてきたからだと思うんです。

 

 

 

ある子が教えてくれた小説の中に、

『今は辛いと感じる経験にも、

 心から感謝する日が来る』

ということが書いてありました。

 

 

ほんとにほんとに、この通りだと思うんです。

 

 

話が壮大すぎて

その子はちょっと困った顔してたけど

ちょっとでも届いてくれてたらな、と思います。

 

 

 

ここまで、かなりくどく書いてきましたが、

私が生きたい道というのは、

"生きることを投げ出さない"ということです。

 

 

世渡り上手な人を見ていると、

真面目に生きている自分って馬鹿みたいだなぁとか

 

こんなに色々して、何になるんかなぁとか

思ってしまうこともあるんだけど

 

 

でも、どんな壁にぶつかっても、

どれだけ生きることが嫌になっても、

 

自分の人生を生きることを、辞めないでいたい。

 

 

そんなの当たり前じゃん、わざわざここに記す必要ないじゃん、って思われる方もいるかも知れないけど

 

 

人生、何があるか分からないから。

 

 

案外ちょっとしたことで傷ついちゃうし、

もうだめかも、ってなってしまうこともあると思うから。

 

 

それから、"投げ出さない"というのは、命を捨てないことだけを表しているわけではなくて、

 

 

"自分を生きる"ということも含んでいます。

 

 

 

自分の人生くらい、ちゃんと自分が主役でいたいなぁと思うんです。

 

 

 

だから、考え方や生き方が「普通(一般的)」

である必要もないと思うし

私は私を生きられたらそれで充分だなと思います。

 

 

 

「普通(一般的)」な生き方は、わざわざ私じゃなくても、誰かがやってくれると思うから。

 

 

自分以外の誰にでもできる生き方を、

私がする必要はないと思うから。

 

 

 

私は私を生きたいと思います。

 

 

 

 

ずっと連絡をとっていなかった友達から、

「お誕生日おめでとう。実はブログ読んでるんだ」っていうlineがきました。

 

 

この上なく、幸せな気分になりました。

 

 

この言葉ひとつで、

自分、まだまだ頑張れるなって、思いました。

 

 

 

(私、単純ですね、笑)

 

 

 

私のブログを読んでくれている人が1人でもいてくれる限り、

 

元気づけられてくれる人が少しでもいてくれる限り、

 

私はこのブログを書き続けたいなと思っています。

 

 

 

いつも読んでくれている皆さん、

本当に本当に、ありがとう!!

 

 

 

 

 

 

皆さんから素敵なメッセージを沢山もらって、

とてもとても幸せです。

 

 

普段は恥ずかしくてなかなか言葉にできない思いも、

誕生日ならさらっと言えてしまうから、私は誕生日がとても好きです。

 

 

誕生日って素敵だなーと思った、はたちの誕生日でした。

 

 

 

*****

悩むことに、悩む必要はないんだ、 - はるちんのひとりごと。

↑ここにもちょこっとだけ、私の人生観が

書いてあるので読んでもらえたら嬉しいです☺

 

(この頃は、ブログ始めたてでグダグダな文章ですが、大目にみてください…🙇笑)