はるちんのひとりごと。

自分の思いを自分の言葉で。楽しみも喜びも悩みも不安も悲しみもぜんぶひっくるめてこの生き方が、誰かの心を救えたらいいな。私の言葉が誰かの人生を照らせたら最高だなぁ。 "絶望だって、共有すれば希望になる"

できるとかできないとか、上手いとか下手とか、そんなことよりもずっと「楽しむこと」のほうが大事だ。

 

今日は久しぶりに、ボラのことを書こうと思います。

 

 

4月に担当が変わってから

新しい子を見るようになりました。

 

 

中3の女の子。

 

 

とってもとってもかわいらしい子です。

 

 

なんだろうなぁ、

 

 

はちゃめちゃに楽観的。笑

 

 

勉強してるんだけど、途中でダンス始めちゃって、

職員さんが部屋の外から

その様子を見てることには気づかずに、

「あんた何しとん」って声かけられるまで

ずっと踊り続けちゃうような、そんな女の子。

 

 

 

 

勉強は苦手だけど、

私が用意してきた数学のプリントを

いつも一生懸命解いてくれます。

 

 

 

 

ミスしたって

解き方が分からなくたって、

解こうとすることをやめません。

 

 

 

間違えたら

「あぁ間違えたー!」って大きく笑って、

それで終わり。

 

 

 

すぐに直して次の問題に向かいます。

 

 

 

 

その潔さに

私の人生も、こんなだったらいいのになー!って

ついついそんなことを思ってしまいます☺

 

 

 

ボラで子どもと関わってると、

私はどうかなって、

私の学校生活はどうだったかなって

自分の生活を振り返ることがあります。

 

 

 

一生懸命問題を解いてるその子を見てると、
私は1番大事なことを忘れてきたのかも知れないなと
そんなことをふと思いました。

 

 

 

 

学校生活、毎日それなりに楽しく過ごしてきたけれど
でもやっぱり心のどこかで「人よりうまくやらなきゃ」って思ってる自分がいて

 

 

 

自分が楽しいかどうかよりも

私は人からどう思われてどう見られるかを

無意識のうちに優先してきたなって思いました。

 

 

 

 

(まぁ、だから勉強もいっぱい頑張ったし

認められることが嬉しくて

遊ぶことより勉強することのほうが

その時の私にとっては「価値のある」ことだったんだけど…)

 

 

 

 

 

4月からずっと、因数分解の問題を解いてきました。

 

 

はじめは全く手もつかない状態だったのに

3ヶ月続けるうちに、スラスラ解けるように

なりました。

 

 

 

満点とってくれたときは

ほんとにほんとに嬉しかったなぁ。

 

 

 

f:id:harunohanaaa:20180703232432j:image

 

 

 

丸つけが終わってこのプリントを眺めた時の気持ちが、ずっと忘れられません。

 

 

 

だって、最初はほんとにほんとに

手がつかないような状態だったから。

 

 

 

どうすればいいのか分からなくて

公式も覚えてなくて

たったの1問すら

1人で解くことができないくらいだったのに。

 

 

それがプリント1枚まるまる⭕!!!

 

 

嬉しすぎてこのプリント捨てられません…笑

 

 

 

 

 

 

今日ボラに行くと、

 

"昨日単語のテストがあってな、

38点中35点だったんだで!"

 

"見る!?"

 

 

って聞いてきたから、

 

 

うん!って答えようとしたその時には

もう手に単語テストのプリントを持って

見せてくれていました。

 

 

 

あぁ微笑ましいなぁって

嬉しかったんだなぁって

勉強って、こういう気持ちの連続だったなって

そんなことを思い出しました。

 

 

 

 

 

 

勉強はできるに超したことはないけれど

でも、どれだけ勉強が苦手でも

 

 

分からないことを分からないって言える素直さとか

解けなかった問題が解けるたびに

あー!そういうことかー!って

全力で喜べることとか

 

 

 

そういうのがとても大事なことだと

今日改めて実感しました。

 

 

 

 

 

明後日は大キライな弁論大会なんだって。

 

 

私が部屋に着いて1番に、

弁論大会がいかに嫌かについて教えてくれました。

 

 

プールも弁論大会も、

行事がある度にいつもイヤイヤ言ってるけど

 

 

でも、学校楽しいんだなぁっていうのは、

ものすごく伝わってきます。

 

 

 

私がボラに行くたびに、

「明日雨降る!?」「明日台風くる!?」って

全力で確認してくるくらいプールがキライな子だけど

 

 

 

友達とのやり取りとか

小テストで満足いく点がとれたこととか

 

 

そんな日々の何気ないことを

たくさん話してくれることが何より嬉しくて

 

 

誰かに"話したい"と思えることが沢山ある

そんな日々がずっと続いてくれたらいいなって

思いながらその子の話を聞いていました。

 

 

 

"楽しい"も"幸せ"も、多分同じ分だけみんなにあって

それに気づけるか気づけないかの違いだと思ってて

 

 

ちっちゃな幸せとか喜びに気づけて

それに感謝できる人でありたいなと

そんなことを改めて思った1日でした。

 

 

 

 

と同時に、

最近は考えることも

やらないといけないこともいっぱいあって

いっぱいいっぱいになって

トゲトゲしちゃってたなあって

反省しました…☹

 

 

 

突っ走るのも大事なことではあるけれど

立ち止まってゆっくり考える時間をつくることも

忘れないでいたいです。

 

 

 

*****

 

 

あいみょんの『○○さん』という歌を知っていますか。

 

 

得意なことも趣味もない

可愛くなる努力は医者に頼っちゃった

おまけに勉強もできないけど

 

 

将来はきっといい女になるから

誰かもらってねって

 

 

そんな歌です。

 

 

 

私は自分の嫌なとこばっか目についてしまって

あーあって落ち込むことがいっぱいあるのだけど

 

 

この歌みたいに開き直って生きていきたいなって

開き直って生きていこうって

 

いまはそんな気分なのでこの曲を聴いています。

 

 

 

 

そして明日は友達の初デートの日だから

台風来ないでって願いながら寝ます。

 

 

 

久しぶりに、ちょっと前向きで嬉しい気持ちを

ブログに書けてあったかい気持ちです。

 

 

 

 

皆さんにも届けられてたら嬉しいな。

 

それではまた〜☺