はるちんのひとりごと。

自分の思いを自分の言葉で。楽しみも喜びも悩みも不安も悲しみもぜんぶひっくるめてこの生き方が、誰かの心を救えたらいいな。私の言葉が誰かの人生を照らせたら最高だなぁ。 "絶望だって、共有すれば希望になる"

2018-10-25から1日間の記事一覧

どうでもいい記憶の話

小学校5年生の時、塾に通い始めた。 1人以外、全然知らない子たちだった。 みんなは休憩時間、 同じ小学校の子たちとワイワイ楽しそうにしていた。 私にはそんな友達はいなかったけど、 でも、そのことはそんなに嫌じゃなかった。 自分のことを知っている人…