はるちんのひとりごと。

自分の思いを自分の言葉で。楽しみも喜びも悩みも不安も悲しみもぜんぶひっくるめてこの生き方が、誰かの心を救えたらいいな。私の言葉が誰かの人生を照らせたら最高だなぁ。 "絶望だって、共有すれば希望になる"

ネガティブを貫け

 

 

この前、すっごく嬉しいことがありました。

 

 

初対面の方とFBの連絡先を交換した時、

「あれ、私このブログ読んだことあるよ」って

言われたんです。

 

 

えええ…‼

 

 

だって私、自分の友達や知り合いとしか繋がってない

SNSでしか発信していないのに。

 

 

 

「ブログ読んで、私も書かなきゃって、

 書こうと思わされたの。

 

 他の記事をも読みたくなるブログだったよ」

 

 

 

もうもう嬉しすぎる言葉でした…

 

 

 

 

その時に、思い出したことがありました。

私の恩師に教えて頂いたこと。

 

 

 

「書く」というのは、記憶を記録にすること。

 

 

その時は胸に深く刻まれて、

一生覚えとくぞって思っても

日が経てば本当にすっかり忘れてしまうんですよね、

 

 

忘れてることすら忘れちゃうくらい。

 

 

 

なんか私のブログはもはや

日記みたいになっちゃってるけど、

 

でも「伝えたい」という思いがあるからこうして

気持ちを文字に起こしてブログにしているわけで。

 

 

 

 

自分が伝えたいことが必ずしも伝えたい通りに

読者の皆さんに届くとは限らないし、

同じ言葉や文章でも、人によって

その受け取り方が変わるのは仕方のないこと。

 

 

 

私は物事の考え方や受け取り方が

人とは違うんだろうなと思うことが多々あって、

だから無意識のうちに「伝えたいこと」よりも

「伝わらないこわさ」を恐れて

書くことを諦めるときもたまにあって。

 

 

 

だけどこうして自分の知らないところで

私の思いが、言葉が

誰かに届いてくれていることを身をもって経験して

私はずっと、書くことをやめないでいたいなと

強くそう思いました。

 

 

 

 

 

*****

 

 

私はずっと、前からずっと、

自分の感情に自信を持てないでいました。

 

 

(それは今も変わらないことではあるけれど…)

 

 

 

 

これを思ってしまっている自分は

周りから見たらどうなんだろうとか

 

みんなはきっとこう思っているから

私はこの感情を胸にしまっておけばいいやって。

 

 

 

だけど、その方を含む、最近になっていろんな

お話をするようになった人たちがいて、

そういう人たちと話していると、

あぁ自分の感情は間違ってないんだなぁって

安心感に包まれるんです。

 

 

 

最近出会ったばかりなのに。

 

(こうしてみれば、人の縁って不思議ですね…)

 

 

 

 

"一生懸命生きてくれてて、嬉しいよ、

たくさん悩んで困って大変なことだらけだと思うけど、

少しずつ感情を取り戻してくれてること、

人との関わりの中で表現する力とか自分の気持ちに気づく力とかついてきてること、などなど。

ああ、少しは前より前向きに生きてくれているのかなあって、思うよ"

 

 

 

 

って人に言われるくらい、

私は自分の感情を失くして生きてきて

 

 

 

 

 

そんな感情を抱いて(しまって)いる自分と、

ずっとずっと向き合えなかったけど

 

 

この失くしてきた(感じないようにしてきた)感情と

向き合わないとこれから先、幸せになれないな

と思ったことがありました。

 

 

 

 

 

 

その時の覚悟の気持ちを書いたブログを読んでくれた

(正確には、半強制的に読ませた…笑)人に、

こんなふうに言われました。

 

 

 

"ストレスとかコンプレックスとかは

原因を突き止めて乗り越えていくものじゃなくて、

どうしようもないから向き合って

抱えていくものなのかもね。

過去のことは特に。"

 

 

 

 


"乗り越える"、じゃなくて、"抱えて生きていく"もの。

 

 

 

 

なんだかその言葉に

深く考えさせられるものがありました。

 

 

 

 


思えば自分の抱いた劣等感とか心に負った傷とかは

もうこんなもの捨てちゃいたい、と願い

サヨナラを告げたくなる一方で

 

 

 

その気持ちや傷とともに生きてきた時間が長いほど

自分とは切り離せない

大きなものになってしまってて、

 

 

 

今の自分というのはそれをもとに

形成されてきたと言ってもいいくらい、

既に自分の一部になってるものだなぁ…

 

 

 

 


私はずっと、自分の感情から目を背け

自分からも他者からも逃げて生きてきてしまったけれど

 

 

 

今この感情と向き合うことから始めないと、

その感情を抱かせた存在とも向き合えないな

ということに気付いたんです。

 

 

 

 

(抽象的すぎる話でごめんなさい😥)

 

 

 


だから私は、最近になってやっと、

やっとスタートラインに立った感覚。

 

 

 

 


自分でも、

やっとかよ。って感じだけど。

 

 

 


それでも、今になってやっとスタートラインに立った

ようなこんな自分を受け入れてくれる人に出会い、

 

 

弱さをさらけ出してでも自分のことを伝えたいし、

その人のことも分かりたいと思うようになった。

 

 

 

 

 

 

ネガティブはポジティブよりも人に嫌がられるし

悩みは多いより少ないほうが良いように思われてるし

自信はないよりはあったほうが良いんだろうな

 

 

 

 


だけど私は、

とことんネガティブを貫けることも

悩み悩んで悩み抜くことも

自信のなさを共有できることも

実はとっても立派なことなんじゃないかなと思います。

 

 

 

 


だって、こんなにネガティブで悩み屋で

自信のなさの塊の私が

私を出せるようになったのは

そんな人たちと関わり

そんな人たちに認められてきたから。

 

 

 

"認められる"って、

そもそも自分を出さないことには始まらないこと。

 

 

 

見かけの自分を認められたって

そんなのは本当の意味で

認められたことにはならないですよね。

 

 

 

自分を出せるようになるためには

否定されない安心感が必要で、

否定されない安心感というのは

自分と同じだったり共感してくれたりする人たちや

そういう雰囲気があることが必要です。

 

 

 

 

だから、"自信のなさ"を共有できることが

私にとっては大きな意味を持つものだったのです

 

 

 

自信のない私でもいいんだなぁって

その時に初めて思えたから。

 

 

 

 

(それに、ポジティブはネガティブありきのものにこそ

価値があるのだと私は思っています…)

 

 

 

 

 

 

『ポジティブは大事だ』ということは

頭ではよく分かってるんです。

 

 

 

だけども私の脳は、

それでもネガティブに走ってしまう。

 

 

 

もう生まれて何年もそうなのだから

これからもずっとそうなのだと思う。

 

 

 

無理にポジティブを極めることは、

もう、やめました。

(諦めた、が正しい表現かも)

 

 

 

 

だって無理にポジティブを極めることは

私の心の中にある大切な感情たちを潰して

生きていくことになってしまうということに

気付いたから、。

 

 

 

(失くしたもの、すぐに取り戻せればいいけれど

一度失くしてしまったものって

取り戻すのに本当に時間がかかる、というか

完全に元の状態に戻るのって

多分不可能なんだろうなと感じる毎日です、)

 

 

 

 

(だから"乗り越える"んじゃなくて、

 "抱えて生きていく"んですね)

 

 

 

 

それに、みんなポジティブが大好きなんだから、

私くらいネガティブを愛してあげてもいいかなって。

 

 

思うわけであります、へへ

 

 

 

 

 

 

今回は"ネガティブ"に絞って書いたけれど

人間のどんな部分も、無理に変えようとすることなんて

本当は必要ないのかもしれないなと思います。

 

 

 

勿論努力は必要ですよ、

必要だけど、それを超えて自分を

見失うほどになってしまうくらいなら

 

 

 

ありのままの自分で居られる場所を見つけるほうが

よっぽど楽だし楽しいなって

そう思うのです。

 

 

 

*****

 

 

怖かったのに 辛かったのに 

誰も信じてくれなかったのに


あなただけが その声だけが 

いつでも笑いかけてくれたのに

 

痛む心 癒えないのは 

無様なほどに期待してるから


あなただけに その声だけに 

優しくされたかっただけだったのに

 

 

(♪シンデレラグレイ/米津玄師)

 

 

 

 

突き放されるような歌詞とか文章が

私はすごく好きだなって最近気づきました。

 

 

 

 

アイネクライネもいいけど、

viviとかWOODEN DOLLとかサンタマリアとか

米津玄師は好きな曲がいっぱいあります

 

 

 

 

共感するとこもあれば、

自分では分かれないほどに繊細なんだなぁとか

この人にしかない感性だなぁとか

そう思うところがいっぱいあるのが

RADとか米津玄師とかあいみょんの好きなところです。

 

 

 

そういう人たちの音楽を聴いていると、

胸がぎゅっとなる一方で

大切にしたいもの、自分にとって大事なものを

見直すきっかけにもなります

 

 

 

 

(好きな音楽を言っちゃうと、

その音楽とかアーティストのことを

本当に好きな人からすると、

良く思わない人もいるかな…って思って

今まであんま触れてこなかったけど、

 

これを読んでくれている人は

少なからずほんのちょっとは私に興味を

持ってくれてるのかなって淡い期待を抱いていて、

 

そういう人たちにはもっと自分のこと

知ってほしいなぁとか勝手に思っているので

最近は好きなものをここで書くようになりました。)

 

 

 

 

自分の好きなもの、

好きな人たちに伝えたくなっちゃうんですよね、笑

 

 

 

ブログを始めて8ヶ月。

読んでくれている人はもうだいたい

決まってきてるんだろうなってなんとなく思うので、

これを読んでくれている人たちに

自分の好きなものを伝えたい、!

 

 

 

 

好きなものをここに書くだけで

実はいろんな思いや葛藤と闘っておるのでした。笑

 

 

 

 

よければ皆さんも聴いてみてくださいね☺

 

 

 

 

久しぶりに4000字書いた!

伝えたいことが伝わってたら嬉しいです。

 

 

それではまた!

 

 

選んだ道を正解にする

 

 

歳をとると、本当に色んなひとの立場から考えて

行動をしなければいけないのだと痛感することが

かなりよくある。

 

 


自分自身の幸せのためだけの選択をすることなんて

ほとんどないなぁと思う。

 

 

 


行動選択の裏にはいつも色んなひとの言葉があって

決断をする度に色んなひとの顔が頭の中を

ぐるぐるしている。

 

 

 


でも、決めたことがたとえ

色んなひとのことを考えて行動したことであっても


それは結局自分が選んだ道であり、

自分自身の選択や決断の連続が

自分の一生をつくっていく。

 

 

 

 


歳をとり、学年が上がるにつれて

今まで見えていなかった視点や

誰かの存在に気付くようになった。

 

 


特に団体に属していると、

常に色んなひとの思いが交錯し

自分がやりたいこととか、自分にとって良いことよりも

組織にとってプラスになるものを

考えて行動しなければならない。

 

 

 

 


自分らの代のことだけを考えると

今年は別にやらなくてもいいこととか、

むしろの今の状態を続けたいし

続けられる体制ではあっても、

 

 


けれどもそれらは、何年か先のことを考えると

今から新しい体制への切り替えの準備を始めて

行動していかなければいけないことでもある。

 

 

 


あれこれ考えた末の結果に対して、
それでもどちらのことも選びきれない時もある。

 

 


だけどそうしてどちらかを"選ぶ"ことなく

ずるずる引き延ばしてやっていくと、

結局は中途半端になってしまって

やりたいことを両方取るのは

難しい時もあるのだと気付く。

 

 

 


この前行ったインターン先の人事の人が、
最後の10分くらいを使って、こんなお話をしてくれた。

 

 


『人生に正解・不正解と割り切れるものはほとんど

 なくて、どの道を選んでも、選ばなかった方を

 選べば良かったかもしれないと後悔したり、

 選ばなかった方の未来を想像してそちらに過剰に

 期待したりする。

 

 でも本当のところは選ばなかった方の未来が

 そうであるかなんてことは誰にも分からないし、

 選ばなかったこと、どこまでも想像し得ることに

 何日も何年も時間を使うのは勿体無い。

 


 私たちはいつだって

 どちらか1つの選択しかできない。

 


 大切なのは、"選んだ道を正解にする"ということ。』

 

 

 

 

 

 

私はこれまで、色んな言葉や考え方に出会う中で

"自分が選んだことに納得して生きていれば

それでいい"と思って生きてきたけれど

 

 

 


このお話を聞いて、

 

「そうか、"納得"じゃなくて、"正解"に

 しちゃえばいいんか!」とハッとされられた。

 

 

 

 

 


ちょうどサークルのことで同期と色々

話していたタイミングでこのお話を聞き、

なるほどなと思う部分が多くあった。

 

 

 

 


"これで良かったんかは分からんけど、

うちらの代で後輩たちのために新しい風を

吹かせられたのだと思ったら、

まぁいっかーって、ちょっとは思えるね!

(無理やり)(笑)"

 

 


と、無理やりこの話にこぎつけて
人生における選択についての話をした。

 

 

 

正解に「する」ってのはいいなぁ。


正解「だと信じる」っていうところで留まってるなぁ。
鳥取に来たことも、このサークルに入ったことも、自分が選んだ道は最善!って信じてきたし、

仮に別の道でもそれはそれで別の出会いがあって

楽しくやってるっていうのを本気で思ってるのだけれど 笑

 


まぁそれだと受け身というか、、
正解に「する」に切り替えようかなー 笑

 

 

 

自分が感銘を受けた話を素直に言えること、

伝えたいことが伝わってくれていたことを

実感してとても嬉しくなった。

 

 

 

 

 

人生は、選択の連続だ。

そりゃあ選ばなかった方の人生を想像して

落ち込んだり凹んだり、

未来を描いてみたりはするけれど

 

 

 

私が選んで私が生きてきたこの道を

この道でよかったと思いながら生きていたい。

 

 

 

 

自分が選んだ道なんだから、と

誇りに思い自信を持てる自分でいたい。

 

 

 

 

 

選んだ道を正解にすること。

 

 

 

 

いっぱい悩んでいっぱい考えることも

勿論必要で大事なことだけれど、

選んでしまったことに対しては

これくらい思い切って生きたほうが

案外人生はうまくいくのかもしれないなぁ。

 

 

 

 

 

*****

 

 

 

今日は、8月6日。 原爆の日ですね。

 

 


73年前の8月6日は、

今日と同じ月曜日だったらしいです。

 

 

 


広島では、8月6日の朝はどのテレビ局でも
平和記念式典の様子が中継されるのだけど
鳥取では、NHKでしか中継されてないみたいでした、

 

 

 


広島市長、子ども代表の「平和への誓い」を聞き、

今日と同じような平和な明日が

もしかしたらないかもしれないことを疑いもせず


未来を思い描き夢見ることができるのは

平和だからこそできることなのだと改めて思いました。

 

 

 


今日は、西日本豪雨災害が起こって

1ヶ月が経つ日でもあります。

 

 

 


こうしてみると、日々というのは本当に

あっという間に過ぎ去っていきますね…。

 

 

 


平和であることを感じない(感じなくてもよい)ということは
それだけ毎日が平和だということでもあるのだと思います。

 

 

 


でも、平和な毎日に感謝する心は、
平和であることが当たり前だと思うくらい、
当たり前に持っていたいものです。

 

 

 

 

 

f:id:harunohanaaa:20180806162552j:image

 

 

高校1年生の頃、

原爆ドームに雪がかかっているところを

初めて目にしました。

 

 

 

市内では普通、雪は積もらないんです。

 

 

 

 

原爆が落とされたのは真夏の暑い日で

戦争や平和について学ぶのも

夏休み前集会とかでだけだったけど

 

戦争や原爆と闘う人たちが生き抜いたのは

春も夏も秋も冬もおんなじなんですよね、

 

 

 

雪がかかった原爆ドームを見た時、

こんなことをふと思ったなぁと今朝思い出しました。

 

 

 

 

 

記憶を風化させないこと、
生きたくても生きられなかった人たちの思いと叫びを
忘れずに生きていくこと、

 

 

 

 

平凡な毎日を送る私たちにもできるこれらのことを

心に刻みながら生きていきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

ずっと言えなかった、家族のこと

 

 

家族だっぴが終わった。

 

私もそろそろちゃんと向き合わないとなぁ。

 

 


私はずっと、家族と向き合うことから逃げていた。

正確に言うと、家族と向き合えない自分から逃げていた。

 

 

 


このブログは、誰に読んでほしいわけでもない。

できることなら、家族には読んでほしくない。

 

 


だからSNSには上げずに、

ひっそりとここに書くだけにする。

 

 

 


誰にも読まれなくていいなら、

ここに書く必要はないのかもしれないけど

 

 

 

 


でも今ちゃんと自分の感情と向き合っておかないと、

私は一生心にモヤモヤを抱えたまま

生きていくのだろうなと思ったから

 

 

 


岡山に行く特急の中で、このブログを書いている。

 

 

今の家族への、素直な気持ち。

 

 


*****

 

 

 


私は末っ子だ。


それも4人兄姉の。

 

 

 


前例が3つもあるから、

その存在に助けられとても勉強になった反面、

その存在にとてもしんどくなった時期もある。

 

 


(家族のことは大好きだし、尊敬しているし、

いつでも会いたいし、

友達より家族との予定を優先してしまうくらいだし、

家族のことが大好きなのは本当のことだ)

 

 

 

(家族のことは大好きだ、

ただ、その"家族"の中に

完全には入り込めない自分がいること、

当事者(?)になり切りたいのに

どこかなり切れない私がいること、

そのギャップを埋められない切なさともどかしさと

闘う日々…

そんな話を今日はここに書く。)

 

 

 

 

 


何故か私は上の3人と、何もかもが違っていた。

 


顔の造りから、性格から、得意なことまで、何もかも。

 

 

 


物心ついたときから、

1番上の兄は寮に入っていて

一緒に過ごす時間はほとんどなかった。

 


何度も風邪をこじらせては寮から帰ってきて

部屋で寝ている、身体の弱い兄ちゃんだった。


(今思えば、高校生活が相当ストレスの溜まるもので、

大変だったのだろうなと思う。)

 

 

 


私は世界で1番、兄ちゃんを尊敬している。

頭が良くて、努力家で、インターハイ

出場するくらい部活でも成績を残してて、

 

でも誰よりも謙虚で優しくて、

結果の裏にはそれを残すだけの努力があって、

自分の物差しだけで人のことをはかったりしない、

とても勉強家で寛大でやさしい兄ちゃん。

 

日常生活においては

ちょっと抜けとるところもあるけど、

でも、それが兄ちゃんの愛らしいところだ。

 

 


親からは多分兄姉の誰よりも怒られていた。

(兄ちゃんは何故か、いっつも怒られている。)

 

 

まぁ、相当な変人だから

親からすると色々理解できないことが

いっぱいあるんだろうな、と思っている。

 

 


色々書いたけど、

兄ちゃんとは家族の中で1番会話をしない。

 

 


私がこんなふうに思ってることも、

全然知らんのだろうな。

 

 

 


2番目の兄ちゃんも姉ちゃんも、

みんなスポーツができておしゃべりが上手で、

なんかもう色々と私とは真逆だ。

 

 

 


2番目の兄ちゃんのことは、尊敬しているけど、
そうじゃないところもある。

 


もうちょっと頑固じゃなくなって

優しくしてくれたらいいのになぁとか思ってしまう。

否定されるから話す気がなくなるのだ☹

 

 

 


姉ちゃんは、キラキラガールだ。

太陽みたいに明るくて、元気で、

オシャレが大好きで。

 


でも、本当は誰よりも繊細で相手思い。

 

 


そんな姉ちゃんは、なんでか知らんけど私のことを
めちゃくちゃ愛してくれる。
びっくりする。

 


1番心を開いてくれるし、

私のことを全力で受け止めてくれる。

 


私は姉ちゃんみたいに感情表現が得意ではないけど、

たとえば情緒豊かなところとか

基本的に考え方が重いところとか

人に求めることとか、

内面的な部分は本当によく似ていると思う。

 



 

 

 


私の場合、「家族」と1言で言っても、

相手が誰かによって家族への思いはだいぶ変わる。

 

 

 

 

 

 

親の言うことを、疑ったことがない子どもだった。

叱られるのは努力の足りなかった私が悪いからだと

純粋にそう思っていたし、

どんな親の言葉も素直に受け止めて生きていた。

 

 


でも、今になって思うのは、
ぐっと堪えた思いが本当はたくさんあったということ。

 


自分の本当の気持ちすら

あの時はすんなりと言葉にできなくて、

自分でも何を思って何を考えてたのか上手く言葉に

できないまま家族の言葉を飲み込んでいたけれど、

今になってちょっとだけ、言葉にできるようになった。

 

 


ほんとは悲しかったんだよ。


テストで99点をとったら、

あとの1点は何?って聞いてくるんじゃなくて、
よく頑張ったねって褒めてほしかった。

 

 


"夢中になれるものを見つけろよ。
じゃないとこの家に相応しくない。"

 


そんなつもりで言ったわけではないことは

分かっている。


でもあの時の私にはそんなふうに受け取れてしまった。

 

 

 

 


誇れるものが何もない私は、家に帰りづらかった。

良い成績や結果を残してないと、

どんな顔で家族やおじいちゃんおばあちゃんに

会いに行けばいいのか分からなかった。

 

 

 

 

それは今も変わらない。

 

 

 


でも、本当は気づいている。


誰よりも成績や結果を気にして生きているのは

自分自身だって。

 

 


周りの目なんて、

なんにも気にせず生きていければいいのにな。


兄ちゃんや姉ちゃんが

どんなに私とかけ離れた凄い人でも

私は私だって生きていければいいのにな。

 

 

 


でも、私にとって家族が大切な存在だからこそ、

私はみんなにとってどんな存在なんだろう、

みんなに幸せを分け与えられる人になるには

どうしたらいいんだろうって

そんなことばかり考えている自分がいる。

 

 

 

 


大学に入ってしまえば、

勉強ができるとかできないとか

バックボーンとか生きてきた軌跡とか

そんなのぜんぶ抜きにして、

そんなこと関係なしに生きていける。

 


私の人柄や性格を好いてくれて

今の私をありのままに受け入れてくれる人たちを

選んで過ごしていける。

 

 

 

 


私は家族に見せる顔と友達に見せる顔とが
あまりにも違いすぎる。

 

 


友達といる時の自分を見せたら、

家族はびっくりするんだろうな、と思う。

 

 

 

 

これまでの人生、私は自分のためにあれこれ頑張って

きたつもりだったけど、本当は家族に認められること

を原動力に生きてきたのだということに、

最近になって初めて気付いた。

 

 


(あー私、めっちゃ家族に囚われながら生きてるな…)

 

 

 


だけどその反面、

私のことをちゃんと全部分かってほしいとか

分かってもらえるとかそんなことは思わなくなった。

 

 

 


空白の時間が大きすぎて、

もう自分のことを説明するのも面倒くさい。

 

 

 


家族の目にうつってる私と本当の私が違っても、
そのギャップを埋めようとも埋めたいとも思わない。

 

 

 


これを頑張ったら家族が認めてくれるかもと

期待している自分がいる一方で、

自分のことをこれ以上分かられるとも

分かってほしいとも思わない絶望し切った自分もいる。

 

 

 


それが自分の家族に対する今の私の素直な気持ちだ。

 

 

 

 

 

 


家族のことは大好きだ。

 

 

 


でも、私がいなかった方がこの家は

みんな幸せだったんじゃないかとか

そんなことを考えてしまう自分がいる。

 

 


周りから見たら、恵まれた家庭なんだと思う。

 

 

 


うちみたいな家族はなかなかおらんよって

言葉の通り、みんなにとっては理想の家族

なんだろうなと思う、

 


勿論私にとっても理想の家族。

 

 


でもその"理想の家族"の中に、

私は私を入れることができない。

 

 

 

 


今になって言ったところで現実は何も変わらないけれど

大好きな家族に対して、

こんなふうに思ってしまっている自分がいる。

 

 

 

そんな自分のことを

自分で認めることができないでいた。

 

 

 

だからまず、

自分で自分の感情を認めることから始めたい、。

 

 

 

それからじゃないと、未来は変われないのだと思う。

 

 

 

 

 


全ての人に好かれるなんて、

そんなことは多分できない。

 

 


誰にも嫌われずに生きていくということは、

自分にとっての譲れないものや

守りたいものを失いながら潰しながら

生きていくことと同じなのだと思う。

 

 

 

 

自分の中にある思いが

その人にきちんとは伝わらなくても

伝えることができなくても

 


自分の大好きな人、

大切な人に分かってもらえたらそれでいいやと

思うようになった。

 

 

 

 

 

こんなこと、ブログに書くつもり

全くなかったのになぁ。

 

 

 

 

 

でも、見ている人がいるかもしれないこのページに、

自分の思いを素直に書けるようになった。

 

 

 

 

 

 

何年もかかったけど、自分の正直な思いを

言葉にすることができるようになった。

 

 

 

友達との対話の中で

私はやっと、ありのままの私を出せるようになった。

 

 

 

 

長かった。

 

 

出したいのに出せないって、とても辛かった。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:harunohanaaa:20180804141636j:image

 

 

 

 

ありがとう。

 

 

 

私は2人と出会えて、本当に幸せだよ。

 

 

 

 

*****

 

 

 

 

人生初、手作り餃子だったんて。

 

 

私は家族みんなで餃子を包んでみんなで食卓を

囲むのが当たり前の家庭に育ったから、

「人生初」って聞いてびっくりしてしまった。

 

 

"みんなで餃子つくるのって楽しいんだね"って

笑顔でそう言ってくれたのが本当に嬉しかった。

 

 

 

人の数だけ、家族の形がある。

 

 

どれがいいとか悪いとか

正しいとか正しくないとか決めつけるのは

傲慢でナンセンスなことだと思う。

 

 

だけど、

家族のあったかさを感じられる家庭で育った私は、

そのあたたかさとかつながりとかを

知ってほしいと思ってしまう。

 

 

 

みんなでご飯を食べるのが楽しいことも、

誰かのためにつくるご飯は、自分のためだけに

つくるご飯の何倍も美味しいことも

 

これからいっぱい伝えていけたらいいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

意味づけはやめた

自分が一生懸命やってきたこととか

それだけをめがけて生きていた日々とか

 

 

その真ん中に自分がいる時、

人はその"意味"なんてものを探そうとは

しないんだろう

 

 

 

*****

 

生きてる意味を探し続けていた時、

 

 

 

 

今思えばそれは

"意味"を見つけ出すことで

そこに縋ろうとしていただけなのだろうな、と思う。

 

 

 

 

いまの私は

自分がこの世界に生きてる意味なんて考えていない。

 

 

 

 

意味を考えなくても生きていける日々にいるのは

それだけ毎日が充実していて

その毎日に自分が満足している証拠なんだと思う。

 

 

 

 

 

だけど、意味づけをしなくてもよくなった私が

今改めて思うのは、

 

 

 

意味を探している人に出会ったら

その人がなんでそんなことに

意味を見出そうとしてるのか分からなくても

 

 

一緒に意味を探そうすることが

その人の心を救うんだ、ということ。

 

 

 

 

 

 

意味を探していた時、1番傷ついた言葉がある。

 

 

 

 

「意味なんてないよ」って

 

 

 

たったその1言。

 

 

 

 

 

 

 

意味を探そうとしたことのない人に

意味を探している人の孤独や苦しみや寂しさは

きっと分からない。

 

 

 

 

悪気のないその1言が、

愛のない言葉に、思えてしまうのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はもう、

あらゆることに意味づけをするのをやめた。

 

 

 

正しく言えば、

意味づけをしなくても

生きていけるようになった。

 

 

 

 

だけど、またいつ

意味を探さないと生きていけなくなるかは

分からない。

 

 

 

 

 

これを読んでくれているあなたの隣に、

人生の意味を探している人が

いつ現れるか分からない。

 

 

 

 

もし私がまた

人生の意味を探さないと

生きていけなくなってしまったら

 

 

 

もしあなたの隣に、

人生の意味づけをしようとしている人がいたら

 

 

 

 

意味なんてないよって

ただそれだけは言わないでほしい。

 

 

 

 

 

人生に意味なんて、ないのかもしれない。

 

 

人生に意味づけをすることなんて、

小さなことなのかもしれない。

 

 

 

 

 

だけど、意味を探している人からすると

意味を探すことが生きる意味になってるくらい

とても大きなことなのだ。

 

 

 

 

*****

 

 

なんでか急に、ふと思っただけ。

 

 

 

熱中できる何かがあるのは、人生を豊かにしてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

また1つ、イベントが終わった。

 

 

今日から8月。

 

 

こうしてどんどん、色んなことが終わっちゃうのかな。

 

 

さみしいな。

 

 

 

 

 

やりたいこと見つけるのはむずかしいのに

終わっちゃうのはあっという間。

 

 

 

 

よければご覧ください。

【活動報告】「家族だっぴ」を開催しました!! - 鳥取だっぴ インタビュー記事

 

 

 

 

必死でやってたら

なんだか燃え尽きちゃったなぁ。

 

 

 

めがけて頑張れるものが、なくなってしまったなぁ。

 

 

 

あの頃はよかったなんて思いながら生きていたくない。

いつも明日だけを見て生きていたいのになぁ。

 

 

 

次は何を目標に、楽しみに、生きていこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が知らない自分のこと

酷暑が続いてますね…☼

 

 

バイトの同期が1人辞めてしまって、

私もバイト辞めそうになっているところです。

 

 

 

バイトは時間の消費だからなぁ。

 

 

 

ま、この話は置いといて…

 

 

 

f:id:harunohanaaa:20180724130729j:image

 

 

 

この前、岩美に行ってきました☺

 

 

透き通っていて、なんか全部忘れちゃうくらいに

綺麗な海でした。

 

 

 

 

 

例えば同じ海、空を眺めていたとして

 

 

 

 

私は景色を眺めるのが好きだし、

自然を感じたい派なので

いくらでも眺めていられるけれど

 

 

 

同じ景色を見ていたとしても

"この時間なに?"って思う人は思うのだろうし、

"早く次行こうよ"って思う人もいるかも知れない。

 

 

 

 

好きな人と、

そういうところの価値観は一緒でありたいねって

 

 

海を眺めながらそんな会話をしました。

 

 

 

 

たまたま一緒に行った子が

自分と同じような価値観の子だったので

自然とそういう会話になったのだけれど

 

 

 

その時にふと

"今まで気付いていなかった自分のこと"に

気付いたような気がしました。

 

 

 

 

実は私、ずっと京都の大学に

行きたかったんですよね、笑

 

 

 

ひとり暮らししたかった。

都会に行きたかった。

 

 

京都は学生の街。

古都にも憧れていた。

 

 

 

東京みたいに都会すぎる都会ではなくて

広島からも割と近くて、アクセスが良くて

西日本を代表するくらいの大きな都市。

 

 

 

京都のはんなりな方言と雰囲気、

品のある感じがとてもいいなぁって☺

 

(ぜんぶ自分の勝手なイメージでしかないです…)

 

 

 

 

大学選択の動機としてはあまりにも不純すぎるけど

高校生の私にとって

1番の憧れの場所が、京都でした。

 

 

 

(京都のことなんも知らんくせに、笑)

 

 

 

 

 

ちょっと前置きが長くなっちゃいましたが、今日は

"自分が知らない(気付いてない)自分"のことについて

ブログを書こうと思います。

 

 

 

 

 

 

私はいま、なぜか鳥取にいます。

 

 

あんなに京都に憧れてたのに。

 

京都の私大も受験して合格したのに。

 

 

 

鳥大に合格した時、

"鳥取でほんまにええんか?"って

進路担当の先生に何度も確認されたくらい。笑

 

 

 

 

それでも結局私が選んだのは鳥取大学だった。

 

 

 

 

でも私、いま鳥取のことがすごく好きです。

 

 

 

都会と呼べる場所はどこにもないし

どこ行くにもアクセス悪いし交通費バカかかるし

不便なのは変わらない事実だけど

 

 

 

でも、

 

 

鳥取には私の大好きな人たちがたくさんいます。

 

 

 

 

"せっかく鳥取に来てくれたんだけぇ、

鳥取のいいとこいっぱい知ってほしい"

 

 

そう言って鳥取の名所をいっぱい教えてくれて

案内して連れて行ってくれる人がいます。

 

 

 

もともとは鳥取の人ではないけれど

自分と同じように県外から鳥取にやってきて、

 

 

新しい世界を見せてくれ、

 

 

思いや考えを伝え認め合い

受け入れてくれる人がいます。

 

 

 

 

 

岩美の海を眺めていた時、

 

"大学進学で都会に行っとったら、

自分は自分を取り戻せてなかっただろうなぁ"

 

ふと、そんなことを思いました。

 

 

 

 

なんでか分からんけど、唐突に。笑

 

 

 

 

 

私、都会に住んじゃってたら、

人にもまれて生きてたんだろうなって

 

分からないけどそんなふうに思ったのです。

 

 

 

 

 

都会は私にとって

憧れの場所であることに変わりはないけれど、

でも、憧れっていつまでも憧れのままで

いてほしいじゃないですか、

 

 

 

"都会はたまに行くくらいでいいんよ"

 

 

これは私の母の口癖です。

 

 

最近になって、やっとこの言葉に

共感するようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

私はいま、

 

"形のないものにどれだけの価値を感じて

そこにどれだけの時間とお金をかけられるか"

 

を考えながら生きています。

 

 

 

 

 

"形"という

目で見て分かりやすいものではなくて、

 

 

"時間"とか"出会い"とか"体験"とか"学び"に

 

自分にとってそれらがどれだけ価値があるか、

またはないかを判断できるようになりたいのです。

 

 

 

 

海を眺めていたら、

急にこんなようなことが

ぶわーって溢れてきました。

 

 

 

普段からこんなこと考えてるわけじゃないですよ、

 

 

でもなんか自然を感じてたら

こういうことが溢れてくるんです。

 

 

 

"あー私、普段無意識にこういうこと考えて

生きてきとったんだなぁ"って。

 

 

 

 

 

"無意識の感情"とか

"意識するまでには到達しない自分のこと"とか

 

 

これにどれだけ気付けるかって、

実はとても大きなことだなと最近思います。

 

 

 

それは結局、"自分のことを知る"ということに

繋がっているから。

 

 

 

 

 

自分のことって、

自分が1番わかっているつもりではあるけれど

 

自分のことを1番分かれていないのも

実は自分なのかも知れないなぁと

 

 

なんだか最近よくこんなことを思います。

 

 

 

自分にとっての"当たり前"と

人にとっての"当たり前"が、

ほんとにどこまでも違うのだということを

強く強く感じることが同時多発的にありました。

 

 

 

"当たり前"の違いを乗り越えるのは

すごくすごく難しいです。

 

 

 

誰も悪いわけではないのに

伝わらないことにイライラしてしまう自分がいます

 

 

 

イライラしちゃう自分に、悲しくなります。

 

 

 

 

そんな時、こんな言葉に出会いました。

 

 

悪気はないけど、デリカシーもない

 

 

この言葉は少し攻撃的な表現だけれど、

言いたいことはとてもよくわかります。

 

 

 

 

私はこの"デリカシー"のところを

"想像力"に置き換えて考えています。

 

 

 

(ちょっと話変わっちゃうけど、

"優しい人"って

"想像力と行動力がある人"だなぁと私は思います)

 

 

 

 

想像力は、とても大事です。

 

 

 

悪気のない、善意のつもりで放った言葉だって

相手には暴力になるかもしれないから。

 

 

 

 

自分にとっての"当たり前"が通じない時、

イライラしちゃう自分がいると同時に、

 

 

"相手はなんでこの言い方、

この態度だったんだろう"って

意識的に考えようとする自分がいます。

 

 

 

私はまだまだ子どもなので

小さなことに引っかかってしまいます

 

 

 

でも、一緒にいる時間が長いからって

その人と私の"当たり前"が同じになるわけではないし

 

 

イライラしてしまう自分がいるのは、

心のどこかで

"言わなくても分かるでしょう"って

相手に勝手に期待して甘えてる自分がいるから

なんですよね、

 

 

 

 

相手の立場と背景にあるものを想像することは

かなり難しくて大変なことだけど

訓練だと思って乗り越えたい、

 

 

 

 

 

自分にとっての"当たり前"を疑うことは、

自分が知らない(気づいてない)自分のことに気付く

第一歩なのかなと思います。

 

 

 

 

"伝わらないこと"、"分かり合えないこと"が原因で

自分が選んだ道を後悔したくはないから

この第一歩を忘れずに生きていきたいと思います。

 

 

 

 

(今日のブログは完全に、自分への戒めでした…☹)

 

 

 

*****

 

 

もうすぐ今日が終わる やり残したことはないかい


親友と語り合ったかい 燃えるような恋をしたかい


一生忘れないような出来事に出会えたかい


かけがえのない時間を胸に刻み込んだかい

 

 

(♪オワリはじまり/かりゆし58)

 

 

 

 

当たり前の日常なんてないって分かったから

今はもう毎日を全力で生きています

 

 

 

だけど凹むことが続くと、

もうなんにも頑張りたくない…って

なってしまいます☹

 

 

 

 

でも、落ち込んだり凹んだりするのは

それだけ一生懸命やってるってことだと思うから

そんな自分を嫌ってしまわないように

生きていきたいです

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか終わりが悲しくなっちゃったから

最後は私のおすすめを書いて

happyに終わろうと思います!

 

 

 

 

 

この世界の片隅に』という作品を

知っていますか?

 

 

 

映画見たときに、この作品のファンになりました。

いまは日曜ドラマで実写版が放送されています。

 

 

 

 

戦時中の話なんだけど

でもなんか無理に戦争を押し付けるのではなくて

戦時中の"日常"が描かれている

とても心温まる作品なんです

 

 

 

 

主人公のすずさんののほほんとした感じが

本当に可愛くて、

すずさんの結婚相手の周作さんがとにかくかっこいい…!✨

 

 

 

日常のかけがえなさを感じる素敵な作品なので

ぜひぜひ見てみてください☺

 

 

 

それではまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

"枠"になんて縛られなくていい。

 

 

ほんとはブログに書くつもりは全くなかったんだけど


ちょっと嬉しすぎることがあったので


温かくてやさしくて


忘れたくないこの気持ちを

今日はここに書き記したいと思います。

 

 

 


*****

 

 

 


フリーソーメンが終わった。

 

 


私は殆どなんにもしてないけど…

 

 

 

 


↓こちらがフリーソーメンの公式(?)HP。


http://freesomen.org/

 

 


これを大学でやろう!というのが

今回のフリーソーメン。

 

 

 


簡単に言えば、

アジトで突然流しソーメンしちゃおう!

というイベントだ。

 

 

 


始まりは、ある先輩からのお誘いだった。

 

 

 


急にメッセージが来てびっくりした。

 

 


え、私認識されとったんじゃ!って。笑

 

 

 

 


去年の写真を嬉しそうに見せてくれる先輩が
すごくかっこよかった。

 

 

 

 

"大学って、本来は自由に使えるところな

はずなのに

きまりやルールが厳しくて、うんざりするよねー"

 

 

って。

 

 

 


いろんなお話を聞かせて頂くなかで、
流しソーメンをするだけで

こんなに大学側とやり取りがあることに驚いた。

 

 

 

 


フリーソーメンに携わるなかで
自分にできることがあるかな…って不安もあったけれど

 

 


"今の大学生って元気ないじゃん、

でもその大学生が面白いことして、

なんかいきなりアゴラで流しソーメンが始まってて

文化祭の前日みたいにみんながワクワクしてるような

そんな風景をつくりたいんだよね"

 

 

 

というお話を聞いて、

 

 


「風景をつくる」という言葉にすごく惹かれ、
一緒にやりたい!と思った。

 

 

 

 

 


ちょうどその頃、実際に社会で

「風景をつくっている」人たちの講義を

受けることが続いていた。

 

 

 

今回、全然違うところで同じお話を耳にして、

これはもうやるしかない!と思ってメンバーに

入れてもらった。

 

 

 

 


このフリーソーメンの企画目的には

実はいろんな意味が込められているのだけれど

 

 


当日来てくれる人たちには

それら全部はなかなか知られていないのだと思う。

 

 

 

 


だけど、それでいい。

 

 

 

 


難しいことは置いといて、

 

 

 


"え、なんでアゴラで流しソーメンやっとるん!"

 

 

って、そんなワクワクを抱いてもらえたらそれでいい。

 

 

 


みんなで流しソーメンを囲んで

一緒にワイワイ楽しい時間を過ごしてくれれば

それでいい。

 

 

 


だってそれが「風景をつくる」ということに

繋がっているから。

 

 

 

 

 

準備期間の会議も当日も、
めっちゃ楽しかったなぁ。

 

 

 

 

 


ソーメンが楽しいというよりかは、


いつもは関わることのない政策の先輩方や
違う学部、部活の人たちと会議をしたりお話をしたり

ソーメンを茹でたりするのが何よりも楽しかった。

 

 

 

 

"なんで私いま大学でソーメン茹でとるんじゃろう?"

 

 

って、面白くなってくる。笑

 

 

 

 

それに、

いつもは同じコミュニティの中にしかいないから。

 

 

 


私と全然違う環境で生きている人たちと

関わりを持つのは新鮮で刺激的だった。

 

 

 

 

 

 

 


ソーメンが終わって、1週間以上が経った。

 

 

 


私がどんな思いでソーメンに関わって
どんな思いで当日を過ごして
どんな思いで終わりを迎えたか

 

 

 


そんなのは私1人で思っていれば

それでいいと思っていた。

 

 

 

 


誰かに伝えたいとか、伝える必要があるとか
そんな思いは全くなかったから

 

 

 


「楽しかったです、ありがとうございました!」

で終わった。

 

 

 

 

 

 


はずだった。

 

 

 

 

 


今日、本当に嬉しい言葉をもらった。

 

 

 

 


なにもしてないってめちゃくちゃ頑張ってくれてたし、Facebookでの広報助かった。


去年から残ったメンバーの多くが四年で、メンバー誘うのは各々したんだけど、政策の子に関しては誰かいないかなと相談してた。


そのなかで、勝手に推薦したんよ!

僕の勝手なイメージでは佐伯さんは活発というか行動家って思ってたし、しっかりしてる後輩をいれたかった

 


最初誘われたときどう思ったのかはわからないけど、一緒にそうめんに携わってくれてありがとう。

 

 

 

 

 


すごくすごく嬉しかった。

 

 

 


だって私は本当に何もしていないのに。

 

 


こんなふうに言ってくださる先輩がいて、

思いが溢れてきた。

 

 


自分の思いを伝えたいと思った。

 

 

 

 


私のどんな部分を見て、

"活動的"だと思って頂けたのか分からないけれど、

 

 

 


私はそもそもそんなにアクティブに

行動できる人間ではない。

 

 


本当は心の中で色々思っているし、

やってみたいと思うこともいっぱいあるけれど

 

 


周りの目を気にしたり、
出来なかったらどうしようって不安に思ってるうちに

 


"やらないこと"を無意識に選択している自分がいる。

 

 


結果的にいつも自分を抑えることを

優先させてきてしまっていた。

 

 

 

 

 


このフリーソーメンも

実は1年生の時から知っていて

「一緒にやってみたい」と思ってはいた。

 

 

 

 

けれど、あることがあってから

 

 

 


"変に行動したら、

また「意識高い」とか言われるんかな…"

 

 

 

と思ってしまって声をあげられなかった。

 

 

 

 


だけど、今の私は

2年前の自分とは大きく違う。

 

 


胸を張って言えるほど、変わったと思う。

 

 

 

 


馬鹿にするやつは馬鹿にすればいいし、
そんなの気にするまでもないなって
最近やっと思えるようになった。

 

 

 

 

 


行動に起こすことの覚悟と強さは
行動した人にしか分からない。

 

 

 

 

 

 


フリーソーメンに実際に関わってみて、
例えば普段のコミュニティで窮屈な思いを

していたとしても、

 

 

その枠を超えたら、

私にはこうして同じ目的を持って同じ夢を見て

何かを作り上げる仲間や先輩方がいることを実感した。

 

 

 


いろんなことに追われて、
自分がやりたいと思って始めたことも

なかなか上手くはいかなくて

凹むことが続いていたけれど、

 

ソーメンの場が良い意味で現実逃避になって

また頑張ろうと思えた。

 

 

 

 

 

 

 

 


向き合うのがこわくて、
ずっと胸に秘めていた言葉がある。

 

 


付き合う仲間を選びなさい。

 

一緒に行動する人を見つけるんじゃなくて

行動した先で出会った人との関わりを

大切にしなさい。

 

 

 

 


私はずっと、これができなかった。

 

 


誰かと一緒じゃなきゃ、何もできなかった。

 

 

 


だけど最近は、少しずつできるようになったかなと思う。

 

 

 


ソーメンも、政策の知り合いは何人かいたけれど

 

私はソーメンで出会った人、

ソーメンで関わった人とのつながりを

大事にしたいなと思って

 

そうしたら自然と

陸上部の子とか農学部の子とかに

話しかけている自分がいた。

 

 


台湾人の友達もできた。

 

 

 


自分で自分の輪を広げる瞬間をつくることができた。

 

 

 

 

 


何より嬉しかったのは、
尊敬できる先輩に出会えたこと。

 

 

 


私が思ってることを受け止めてくださり、
私の言葉にきちんと向き合ってくださった。

 

 

 

 


真面目な話って、普段はあまりしたくない。
笑われるのが嫌だから。

 

 

 

 


だけど、そういう話を自然としている自分がいた。

 

 

 

 

 


この学科に入ってよかったとすら思った。

 

 

 

 


ソーメンに携われて、本当に良かった。
価値のある時間、体験、つながりをもらった。

 

 

 

 

 


はじめた時は、こんなの思ってもなかったのになぁ。

 

 

 

 


人生、なにがあるか分からんなぁ。

 

 


素敵な素敵な縁に出会えたこと、
感謝の気持ちでいっぱいだ。

 

 

 

f:id:harunohanaaa:20180721013945j:image

 

 

 

てるてる坊主

 

 

 

f:id:harunohanaaa:20180710162614j:image

 

 

 

雨が止んでも、川が氾濫する。

雨が止んでも、池が決壊する。

 

 

お願いだからこれ以上、なんにも起こらんでほしい。

 


みんな無事でいてほしい。

 

 

 

 

 


母さんとメールしてたら、思うことがいっぱいある。

 

 

 

"昨夜恐ろしい思いして通った道は土砂で埋まり

車は何台も濁流にのまれたらしい

生きててよかった また子供達に会いたいからね"

 

 

 

"道路があちこちで通行止め 高速もダメ、

三原停電断水

よって月曜はとりあえず新幹線で行くかも

父さんと考え中

 

 

今日部屋着いたら水筒からあったかい紅茶

父さんがくれた

昨日水筒持って探しに来るつもりだったって。

優しいよ  "

 

 

 

 

"心配で心配で寝れなかったよ

山陽本線、1時間に1本くらいで運転再開って"

 

 

 

 

"ありがとう よく調べてくれたね

遅れてでも行く とりあえず行く。

昨日死んでたかもしれんけん

心配ありがとう"

 

 

 

 

仕事だから行かないといけないことは分かってる、

 

 

 

 

でも、"ほんとに行くの?"って

聞かずにはいられなかった。

 

 

 

 

仕事行かんといけんのは分かるけど

でも心配すぎて

でも仕事優先するのはしょうがなくて、

めっちゃ涙出てきて

 

 

本当は、行ってほしくない。

 

 

 

安全を確保しといてほしい。

 

 

 

 

 

被災地で闘っている人がいる、

必死で生きようとしている人がいる、

 

 

だからそんなことは言えないし、

言うべきじゃないんだと思う。

 

 

 

 

鳥取にいる自分は何もできんから、

せめて、せめて情報をいっぱい届けよう、

 

 

 

そう思ってメールをする。

 

 

 

"レスキューの服を着た泥棒が大量におるらしい。

大阪ナンバーのセレナ、白いパジェロは泥棒軍団かも。


矢野でかなりの被害があったみたい。

迷彩服着た不審者もウロウロだって。

熱中症と泥棒に気を付けて"

 

 

 

 

"困ってる人にひどいね 日本人の恥"

 

 

 

 

"ほんとだよ怒りが止まらん
無事着いた?どんな感じ?"

 

 

 

"昨日夕方ね 今朝はタクシーで。

広島駅からは車。あさ大橋経由で。

バス不通だから 毎日通勤に七千円位"

 

 

 

 

 

 

思うことはいっぱいある、

怒りたい気持ちもいっぱいある、

でも誰も悪くない、(泥棒は論外)

 

 

 

 

テレビつけてもSNS開いても

完全に冠水した街がうつってるだけ、

 

 

 

LINEニュースに「生き埋め10人」と地元の名前

全国放送で何度も中継される 高校の時に住んでた地域

 

 

 

 

水に浸かってしまった街を見るのが辛い。

 

 

 

 

"避難所に行くのが危険な時は

 2階に避難しましょう"って言われても

 

 

 

車椅子のじいちゃんと

足腰の悪いばあちゃんは階段のぼれない。

 

 

 

 

学校に行けない友達。

 

 

 

普通の川を見るだけで

映像がフラッシュバックしてきて泣きそうになる。

 

 

 

 

ひとりぼっちの夜は、現実逃避で作業をしまくる。

 

 

 

なんかやってないと涙が出てくるから。

 

 

 

 


意識的に何かしてないと、

みんなに会いたくなりすぎるから。

 

 

 


でも、辛いなんて言えない、悲しいなんて言えない

 

 

 


私より辛くて悲しい人たちがいっぱいいる。

 

 


辛さや悲しみは

比較できるものでもするものでもないけれど

 

 

 


でも、私なんかが悲しんで涙してたら
家族を亡くしてそれでも懸命に生きてる人たちの思いを

踏み躙ってしまいそうで

 

 

 

 

テレビでしか見てない状態で泣いてたら

街の様子を目の当たりにした時

泣き崩れてしまいそうで

 

 

 

 

 


泣けないというより、泣いちゃいけない気がする。

 

 

 

 

Twitterで流れてくる、倒木で埋もれた道路と

壊れた街の写真見て涙を堪えられなかったけど…。

 

 

 

 

 

そんなわたしのために

 

てるてる坊主をつくってくれた。

 

 

 

 

優しさに涙が溢れてきた。

 

 

 

 

"晴れたら撤去"って言われた。

 

 

 

"みんなの心が晴れるまで飾っておいて"と頼んだ。

 

 

 

 

 

f:id:harunohanaaa:20180710162448j:image

 

 

 

 

 

 

久しぶりに図書館に行って

気まぐれに新聞でも読んでくるか、

と思って新聞を開いた。

 

 

 

 

一面『西日本豪雨』の記事ばかり。

 

そりゃそうだ、

 

 

気づかなかったわたしはばかだなぁ。

 

 

読んだ3紙

どれも豪雨被害のことばかり、

 

 

 

涙で記事が読めなかった

 

 

でも新聞読みながら泣いてる人なんておかしいでしょう

 

必死に隠したんだ

 

 

 

 

f:id:harunohanaaa:20180710162632j:image

 

 

 

思うことはいっぱいあるけれど

命あるだけ有難いと思いたい。

 

 

 

家族に会いたい。

 

みんなに会いたい。

 

 

 

"普通"なんて"当たり前"なんて

本当はどこにもないんだろう、

 

 

 

 

 

 

 

 

気を遣ってくれとるんかな、

 

必死で元気づけようとしてくれるのが伝わってくる。

 

 

 

直接聞いてはこないけど

直接口にはしないけど

 

優しさでいっぱいの人たちだらけ

 

 

 

 

 

言葉なんていらないや。

 

 

 

 

決して見せつけるわけでもなく

無理やり励まそうとするわけでもなく

 

 

優しさが伝わってくる人って素敵だなぁ。

 

 

 

 

後ろばっか見てちゃだめだ、

 

変化はチャンスらしいから

 

 

 

私は私にできることを、

できることからやっていく。

 

 

 

自分の人生を、毎日を、一生懸命生きることだって

立派な社会貢献だって

 

どこかの誰かが言っていたから。