はるちんのひとりごと。

自分の思いを自分の言葉で。楽しみも喜びも悩みも不安も悲しみもぜんぶひっくるめてこの生き方が、誰かの心を救えたらいいな。私の言葉が誰かの人生を照らせたら最高だなぁ。 "絶望だって、共有すれば希望になる"

マルチアングル

 

 

心に刻まれたままの心の温度を保っていたいと思うけど

そのままの温度を保っておくことなんてできなくて、

その時感じたことや思ったことは少しずつ消えていく。

 

 

 

 

思いが冷めていくことが

心を救ってくれる時もあるけれど、

あったかい気持ちやまるい気持ちは

できれば心の中に残しておきたいと思うもの。

 

 

 

 

 

そんな時は、自分が書いた文章を読み返す。

 

 

 

 

 

 

たまにやってくる、心が動かなくなる時期。

 

 

 

なんなんかな。なんでなんかな。

 

 

 

 


「動いてよ、私の心。」と、強く思う時がある。

 

 

 

 

叶えたい夢、なんだっけな。

自分は、どうしたいんだっけな。

何がしたくて、この道を選んだんだっけな。

 

 

 

 

 

がんじがらめになって

自分の感情が置いてけぼりになってしまいそうな時は、

 


それはほんとにやりたいことか?
それをやってるのはなんのためなのか?

 


って意識的に振り返る。

 

 

 

「やりたくてやってること」って再認識できたら、

気づかぬうちに誰かのせいにしてしまっている

その決断の先で出会った想定外のこと、

思い通りにいかないことを

自分の責任として向き合うことができる。

 

 

 

そして何より自分を奮い立たせることができるから、

振り返るのって大事だなぁ。



 

 

 

 

 

心にスイッチがあって

ONとOFFを自由に切り替えることができて

なんにも聞きたくない時はカバーをつけて

 

 


火をつけたら燃えてくれて、

熱くなりすぎて周りが見えなくなった時は

氷で冷やして冷静になって

 

 

 

余裕がなくなって冷たい心になっちゃう時は

外側からあっためることができたらいいのに。

 

 

 

 

自分の心すらも操作できたらいいのになぁって

でも、コントロールできないから

人の感情には美しさと怖さが入り混じってるんだろうな

 

 

 

そんな、どうしようもないことを考えてみたり。

 

 

 

 

 

 

守りと攻めを同時にやっていくのって難しくて

攻めていく時には盾のことなんて気にしてられないし、

守りたいものがある時はいろんなものを手放す。

 

 

 

「守り」を優先した結果、諦めてしまったことがあった。

チャレンジすることを躊躇ってしまったことがあった。

 

 

 

 

 

去年1年間を振り返ろうとしたんだけど

でも、写真見返してたら

楽しかった思い出でいっぱいで

 

 

 

振り返りたいのはこんなことじゃないのにな

ってことばかり浮かんできて

 

 

 

1年間をきちんと振り返るのにも、

考えようとする力がいる。

 

 

 

 

写真や文字だけで簡単に思い出せる

出来事だけじゃなくて、

 

 

あの時の自分はどうで、それをスタートに

これからどうしようかなって

 

そんな自分の反省と課題点を

本気で振り返ってもいないのに

 

ただ美しい思い出として心に残す(残したい)のも

なんか違う気がして、

 

 

 

 


(考えないのって、楽だよね。

「分からない」で終われたら楽だよね。

 

でも私は、思考を放棄したくはない☹)

 

 

 


(たった1年間すらまともに振り返ることもできないのに

これまでの人生、私は一体どれだけの出来事や

その時の思いを置き去りにして

今日まで生きてきたんだろうなぁ)

 

 

 

 

 

瞬間瞬間を振り返りたいのに

こんなことばっか考えてしまう。

 

 

 

 

 

だけど、これだけは言える。

 


2018年、全力で生きたよ。

 

 

 

 

 

 

今年は、挑戦する年にしたい。

 

 

傷ついても、ボロボロになっても、

帰ってくる場所があるから大丈夫。

 

 

 

そう言い聞かせて、いろんなことに挑戦したい。

 

 

 

 

(帰ってこられる場所をいっぱい持ってる人って

強いよね。1番無敵だとすら思う。)

 

 

 

 

 

 

 

 

私の友達は、自分が「いいな」と思ったものや、

体験したこと、そこから考えたことを

よくlineで教えてくれる。

 

 

 

 

テーマは毎回壮大で、

別にlineで話すようなことでもないんだけど

 

 

 

でも、何かを思ったその瞬間に

送ってきてくれるのが嬉しい。

 

 

 

 

思いついた時に言葉にしとくと、

日常の中でたまに考える断片的なことが

ある時頭の中で線となってふとつながる時がある。

 

 

 

 

 

 

線を作る欠片の種はそこらへんに落ちていて

でもそれを拾って1つのものにすることができるのは

 

 

 

自分のと、同じようで違う欠片を持った人たちと

その欠片を合わせられる瞬間が

なんてことない日常に溢れているから。

 

 

 

 

 

そんな日常を与えてくれる

私にとっての「帰ってこられる場所」を

ずっと大事に持っていたい。

 

 

 

 

失敗しても、へなちょこでも、

そんな失敗、大したことないやって思える場所。

 

 

 

 

失敗するのがこわいから挑戦できないなんて

そんな、弱くてダサい自分から卒業したいから。

 

 

 

 

 

 

ちょっとずつできてきた、帰ってこられる場所。

 

 

 

今年もいっぱい帰らせてね。

 

 

いっぱい挑戦するから。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:harunohanaaa:20190111225855j:image

 

 

(餅つきして墓掃除しておせちつくって

卓球とバドミントンしてたらお正月は終わってました☺︎)

 

 

 

 

 

遅くなりましたが、長くなりましたが、

私なりの新年のご挨拶でした。

 

 

今年もどうぞ、よろしくお願いします。