はるちんのひとりごと。

自分の思いを自分の言葉で。楽しみも喜びも悩みも不安も悲しみもぜんぶひっくるめてこの生き方が、誰かの心を救えたらいいな。私の言葉が誰かの人生を照らせたら最高だなぁ。 "絶望だって、共有すれば希望になる"

意味づけはやめた

自分が一生懸命やってきたこととか

それだけをめがけて生きていた日々とか

 

 

その真ん中に自分がいる時、

人はその"意味"なんてものを探そうとは

しないんだろう

 

 

 

*****

 

生きてる意味を探し続けていた時、

 

 

 

 

今思えばそれは

"意味"を見つけ出すことで

そこに縋ろうとしていただけなのだろうな、と思う。

 

 

 

 

いまの私は

自分がこの世界に生きてる意味なんて考えていない。

 

 

 

 

意味を考えなくても生きていける日々にいるのは

それだけ毎日が充実していて

その毎日に自分が満足している証拠なんだと思う。

 

 

 

 

 

だけど、意味づけをしなくてもよくなった私が

今改めて思うのは、

 

 

 

意味を探している人に出会ったら

その人がなんでそんなことに

意味を見出そうとしてるのか分からなくても

 

 

一緒に意味を探そうすることが

その人の心を救うんだ、ということ。

 

 

 

 

 

 

意味を探していた時、1番傷ついた言葉がある。

 

 

 

 

「意味なんてないよ」って

 

 

 

たったその1言。

 

 

 

 

 

 

 

意味を探そうとしたことのない人に

意味を探している人の孤独や苦しみや寂しさは

きっと分からない。

 

 

 

 

悪気のないその1言が、

愛のない言葉に、思えてしまうのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はもう、

あらゆることに意味づけをするのをやめた。

 

 

 

正しく言えば、

意味づけをしなくても

生きていけるようになった。

 

 

 

 

だけど、またいつ

意味を探さないと生きていけなくなるかは

分からない。

 

 

 

 

 

これを読んでくれているあなたの隣に、

人生の意味を探している人が

いつ現れるか分からない。

 

 

 

 

もし私がまた

人生の意味を探さないと

生きていけなくなってしまったら

 

 

 

もしあなたの隣に、

人生の意味づけをしようとしている人がいたら

 

 

 

 

意味なんてないよって

ただそれだけは言わないでほしい。

 

 

 

 

 

人生に意味なんて、ないのかもしれない。

 

 

人生に意味づけをすることなんて、

小さなことなのかもしれない。

 

 

 

 

 

だけど、意味を探している人からすると

意味を探すことが生きる意味になってるくらい

とても大きなことなのだ。

 

 

 

 

*****

 

 

なんでか急に、ふと思っただけ。

 

 

 

熱中できる何かがあるのは、人生を豊かにしてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

また1つ、イベントが終わった。

 

 

今日から8月。

 

 

こうしてどんどん、色んなことが終わっちゃうのかな。

 

 

さみしいな。

 

 

 

 

 

やりたいこと見つけるのはむずかしいのに

終わっちゃうのはあっという間。

 

 

 

 

よければご覧ください。

【活動報告】「家族だっぴ」を開催しました!! - 鳥取だっぴ インタビュー記事

 

 

 

 

必死でやってたら

なんだか燃え尽きちゃったなぁ。

 

 

 

めがけて頑張れるものが、なくなってしまったなぁ。

 

 

 

あの頃はよかったなんて思いながら生きていたくない。

いつも明日だけを見て生きていたいのになぁ。

 

 

 

次は何を目標に、楽しみに、生きていこう。