はるちんのひとりごと。

自分の思いを自分の言葉で。楽しみも喜びも悩みも不安も悲しみもぜんぶひっくるめてこの生き方が、誰かの心を救えたらいいな。私の言葉が誰かの人生を照らせたら最高だなぁ。 "絶望だって、共有すれば希望になる"

自分を突き動かすのはいつだって 「変わりたい」という強い思いだ

はじめまして。


ある人から言われた一言がきっかけで、このブログを始めました。

元々パソコンには疎い私。
文章を書くのは好きだったのだけれど
それを他者に見せることで
誰かにどう思われて何を言われるかが怖くて
「日記」という形で、自分だけに見えるものとして残していました。


そんな私のことだから、ブログなど、遠い世界の話でした。

 

けれど、私の中に今、猛烈に「変わりたい」という思いがあります。

 

私はこの世界を、「滑らかに」生きていけない。

 

世界はいつだって自分には眩し過ぎたし、
自分を取り囲む全てのものに、拒否されているような気がしていた。

 

けれど、何よりも悲しくて苦しくて許せなかったのは、

他者の視線、眼差し、言葉、行動に惑わされ
それらに耐えることのできなかった「自分」の存在でした。

 

「自分で自分を許せない」

 

こんな辛いことが、あるでしょうか?

 

もちろん今も、少なからずそのような思いを抱えて生きています。

 

*******************************************************


私はずっと、過去から目を逸らして生きてきました。
自分と向き合うのが嫌だったから。こわかったから。


自分が経験してきた過去はすべて無かったことにして
新しい環境で、自分を演じて生きてきました。
それなりに上手く、いったのかなぁ、、

 

そんなある日、気づいたんです。


このまま、自分を演じて生きていって良いのか。
「他者に見せている自分」だけが、自分の姿ではない。
生きてきた日々すべてで、感じてきたことすべてで、「今の自分」なんだって。

 

まだまだ過去を振り返って
笑顔で語れるほど強くはないし
振り返ってる途中で溢れてくる涙を堪えられるほど
強い人間ではないけれど

ほんの少しずつだけでもいいから
過去の自分も「自分」として受け入れたい。

 

そして自分のことを、好きになりたい。


それだけじゃなくて、
あわよくば、私の言葉で
誰かの背中を押せたらいいな。

 

自分と同じように、多少なりとも「生きづらさ」を抱えて生きている人たちの心の拠り所となりたい。
このブログが、ホッとひと息つけるような場所になれたらいいな。

 

そんな思いで、始めてみました。

 

語彙力も文章力も
ほぼ皆無に等しいけれど
あたたかい目で見守って頂けたら幸いです。

 

はるちんのひとりごと。
今日からスタートです。

 

…見てくれてる人、いるのかな、笑